安全快適に生活するための防犯対策・ホームセキュリティへのリンク、情報サイトです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ犯罪に合うか分からないと考える人が9割りも

 今回の調査は首都圏30キロ圏内に住む成人男女600人を対象に行った。最近、身近な治安が「悪化した」とみる人が83.2%を占めた。「いつ犯罪にあうかわからないという思いがあるか」という問いについても、9割近くが肯定した。自分の身の回りでも「いつ何があってもおかしくない」といった危機感が浸透しているのだろう。実際、殺人や強盗など「重要犯罪」が昨年は2万件を数え、10年前の2倍近くにのぼっている。

高所得層ほど自衛意識は高く

 安全や防犯については「自治体が犯罪を作りにくい街づくりを進めるべきだ」「犯罪者の刑罰をもっと重くすべきだ」といった考えが9割を占めているが、「個人が自らお金を払って自衛すべきだ」という積極派も、6割近くいた。こうした自衛意識は年間収入が850万円以上の高所得層でより高く、73.3%が前向きだった。防犯器具や防犯サービスは全体の8割の人が使ったことがあり、そのきっかけは「テレビや新聞などで事件が多発しているのを見て」が59.7%と最も多かった。

子供向け防犯商品では位置情報サービスが「希望」が4割

 ここ数年で市場が急拡大しているのが、子供向けの防犯商品・サービスだ。小学生以下の子供がいる人にこうした商品の利用動向を聞いたところ、「すでに利用している」が最も多かったのは「防犯ブザー」の50.8%で、防犯ブザーをもつのは当たり前といった状況になりつつある。「子供の防犯対策で今後使いたいもの」では「携帯電話やPHSを持たせる」がトップだったが、2位の「子供の居場所を把握できるGPSサービス」も4割近くあり、関心の高さをうかがわせる。GPSサービスの代表はセコムの「ココセコム」で、加入料が5250円、月額料金も1000円以下と比較的手ごろになってきた。調査ではこうした防犯サービスに関心のある人は月に3000円程度なら払ってもいいと考えている。

ホームセキュリティーは低価格化で中所得者でも利用拡大

 住宅への防犯では、最も進んでいるのがカギのピッキング対策で、5割弱がすでに対応済み。「モニター付きのインターフォン」設置や「郵便受けにカギをつける」といった対策も比較的多くとられている。「今後対応したい」比率が高かったのは「ガラスに防犯フィルムを貼る」の約3割、数千円程度と安価にフィルムが買えることがあるようだ。 有料ホームセキュリティーの利用者は今回の調査ではそれほど多くなかったが、低料金のサービスが増えてきたことで利用者の裾野が徐々に広がっているようだ。以前は月額料金が1万円以上していたが、04年に綜合警備保障(ALSOK)が月々4000円台からの低料金サービスを始めて以降、利用者が中所得層にも広がっている。ただ、まだ料金が高いという印象はあるようで、このサービスに関心のある人に「導入した場合に払ってもいい金額」を聞いたところ平均約4100円という結果で、実際にサービス利用者が払っている金額より約700円ほど低い。料金がもう一段下がればさらに需要は広がりそうだ。                 ~日経消費マイニングより

スポンサーサイト
女性の一人暮らしのポイント

■女性の一人暮らしのポイント

ついつい開放的になってしまう一人暮らしですが特に女性はセルフディフェンスを心がけなくてはいけません、常にホームセキュリティ、防犯を意識しましょう。
どうしても留守になりがちな一人暮らし見知らぬ他人に生活スタイルや女性の一人暮らしである事を悟られないように注意する事が大切です。



■郵便物を見られ無いように注意しましょう

基本的な事ですが、表札やポストにはなるべく名前を書かないようにしましょう、特に名前は女性が住んでいる事を公表するようなものなので書いてはいけません、管理会社の方針で名前を書かないといけない場合は苗字のみを書くようにします。
実家が近くの場合は郵便物の受け取り先を変えないのも女性が住んでいる事や生活スタイルを悟らせ無い為にも良い方法かも知れません、最低限ポストには鍵を掛けるようにして郵便物を他人に見れられないようにする必要があります。
ポストに鍵が掛けれないようであればすぐに管理会社に連絡して修繕や交換を頼みましょう。



■在宅中も気を緩めない!

在宅時も注意が必要です、洗濯物を出しっぱなしにしたり夜間は外から部屋の中を見られないようにしましょう回りが暗いと部屋の中が大変よく観察できます。 なるべくブラインダーかカーテンを掛けるようにして下さい。
チャイムが鳴った場合は必ず相手をドアスコープで確認し必ずチェーンが掛かっている事を確認してからドアを開ける習慣をつけましょう、 宅急便の場合は差出人を尋ねて身の覚えが無い場合は受け取り出来ない旨を伝え不在通知をもらって後日に届けてもらう事も出来ます。


■「お宅から水漏れが!」そんな場合も焦らずに

急にドアを叩かれ「下の階のものですがお宅から水漏れが」「管理会社ですが」などと急な用事を偽りドアの開放を迫り強盗や乱暴を働くケースが多発しています。
急なトラブルで焦る気持ちは分かりますがなるべく用件と名前を確認し、不審な対応があった場合はドアを開けずにすぐ管理会社に確認しましょう。
普通の使用で発生した水漏れ異臭などは管理会社やビルの持ち主の責任なりますので住人の責任になりません、普段から管理会社や大家さんの連絡先を携帯などに登録しておく事も重要なポイントです。


■狙われていると感じたら...

不審なことを感じたらどんなことが起こっているのかを確認しましょう、些細な事も見逃さないように注意して記録を取りましょう、重要な資料になります。
個人で対策を考えずに信頼できる友人や知人の協力を求めましょう、専門の業者に依頼するのも一つの方法だと思います。

もう大丈夫、ストーカー対策ネットで相談

防犯で最近増えてきたストーカー被害の相談先が分かるサイトです。集団ストーカーなど、現状の法律では対処してもらえないケースもあります。比較的小さな被害でも大きくなる可能性もあるので、とにかく相談することです。相談先は、「小さな被害も、ストーカー対策をしておこう」に掲載されていますので、自分にあった先を探しましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。